【病院】

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のこと。
元々hospitalという言葉は「傷病者や病人の収容施設」という意味合いの言葉である(hotelなどと語源は同じ)。そのため諸外国においては、この語が老人ホーム、養老院、孤児院の意味でも使用されます。それに対し日本では、明治以降、この「hospital」という言葉に対する訳語として「病院」という言葉を当てることが一般的です。

日本で最初の病院と言われているのは、1557年に医師でもあったポルトガルの宣教師ルイス・デ・アルメイダによって大分県に開設されたものであると言われ、外科、内科、ハンセン病科を備えていました。これが西洋医学が初めて導入された場所とも言われています。

海外においては、キリスト教の修道女・修道士が神に仕えるために病人を集めて日常生活上の世話をしたのが始まりとされ、看護活動の原点でもあります。

【病院建築】

医療行為とは古くから行われている伝統的な行為であるので、病院に関しても長い歴史の中では文化遺産となったものもあります。メキシコのオスピシオ・カバーニャスやスペインのサン・パウ病院、トルコのディヴリーイの大モスクと病院が良い例です。

近代までは病院とは殆ど治療の場というより、感染症患者や精神病患者を隔離する、或いは貧しい患者に食事とベッドを提供すると言う役割の方が大きかった。そのため貧困層向けの病棟は常に定員オーバーであり、一つのベッドを数人が共有すると言う、現在では考えられないことも行われていました。

これに対し裕福な層は自宅で療養し、医師の往診を受け、メイドによる介護を受けていました。これと同等に近い環境を目指し、治癒を目的とした病院を提唱したのがフローレンス・ナイチンゲールです。

彼女の提唱したナイチンゲール病棟は、二十数人程度の患者を一つの看護単位とし、限られた看護師しかいない状況でも出来るだけ手厚い看護と治療を受けられるようにしたものです。

20世紀に入ると、病院もモダニズム建築の影響を受けます。20世紀前半には、学校や拘置所・刑務所と言った施設と同じような設計思想で作られていました。すなわち採光を良くする為に細長いフロアで中廊下型が多く、病室と並ぶ形でナースステーションが存在しました。

20世紀も後半に入ると、アメリカ合衆国を中心に、病院に特化した設計思想が生まれてきます。ナースステーションから各病室への距離を縮めるためにフロアの中心に置き、さらにフロアの形状も円形や三角形、多角形などとして動線が工夫されました。
全室を個室や2人部屋以下とするのも、一つには動線の短縮のためです。

日本でこうした設計思想が取り入れられ始めたのは1990年代からですが、現在では大学病院などの改築の際には殆どこの設計思想が取り入れられています。

【制度】

医療法においての「病院」とは医療機関の機能別区分のうちの一つ。

「病院」とは、医師又は歯科医師が公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所と定義され、病床数20床以上の入院施設(病棟)を持つものを指します。

無床もしくは19床以下のものは診療所(入院施設を持つ場合は有床診療所)となります。病院の配置は都道府県の医療計画に基づいて行われ、都道府県知事の許可を必要とします。管理者(理事長など)は原則として医師・歯科医師でなければなりません(但し、管理者の急死等により医師以外が認められることがある。特殊ケースであるが)。

多くの病院は、医療法の非営利原則に基づき、地方公共団体、独立行政法人、事務組合や日本赤十字社など公的組織以外には、医療法人(他には各大学医学部の付属病院(大学病院)、社会福祉法人、宗教法人、協同組合など)を中心とした非営利組織(公益法人)にしか設立が認められず、会社組織は例外的に福利厚生を目的とした一部企業(ほとんどは大手企業の「健康保険組合」が運営している)や国の特殊法人が管轄した病院を引き継いだJR、NTT、日本郵政などが設立した病院(設立企業関係者以外の一般の部外者も診察してもらえることが前提)が存在する。ただし例外として、歴史的な経緯(戦前から営まれているなど)から株式会社として運営されている病院がある(麻生飯塚病院や大阪回生病院など)。これは医療機関運営に株式会社が参入しているケースとはいえないので「例外」である。
なお、「個人病院」という表記が時々見受けられるが、純粋な「個人病院」は下記の種類の中の「個人」となっている非法人立病院の病院である。医療法人立病院などを「個人病院」と表記するのは異なっている。
病院の業務は、健康上の問題を持つ人の診療が主である。患者の急性期・亜急性期・慢性期等の状態に応じて、継続的な看護もしくは観察の必要がある患者について入院加療を行う。その一方で、特に慢性期・介護療養医療施設等においては、認知症や麻痺、精神疾患などのため一般社会で生活していくことが困難な人が医学的必要性の有無にかかわらず病院に長期入院せざるを得なくなる状況があり、社会的入院として問題となっている。特に、日本の入院患者の約1/3は精神科病棟の入院者である。これは、健常者以外を社会に受け入れることが困難な日本の福祉体制を反映するものとなっている。
建築基準法により、病院は第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、工業地域、工業専用地域では設置できない(これに対し、診療所は用途地域の別に関わりなく設置が可能である)。

【社会的入院】

社会的入院(しゃかいてきにゅういん)とは、本来の治療目的で病院に留まるのではなく、治療の必要なく長期入院を続ける状態、または、その状態の患者のこと。

入院は本来、病状が継続的な看護または医学的管理を要するために医療機関に留め置く措置であり、病状が回復すれば当然退院することが本来のあり方ですが、社会的入院は、医学的観点からは既に入院の必要性が薄いにもかかわらず、患者やその家族の生活上の都合により介護の代替策として行われている点が特徴です。

社会的入院はホスピタリズムにより精神が荒廃した為に自立生活が困難になるなどの理由で退院後の生活が成り立たないため長期入院に繋がり、長期入院により社会性や生活習慣の衰退という社会問題の側面も持っています。また、家族などの引き取り手に拒否される、自宅で面倒を見られないために惰性的に入院を継続させられている高齢者介護の虐待的問題にまで使用されます。

また社会全体の問題として、医療費の増大につながります。日本の年間医療費は平成15年度で31.5兆円に達しており、社会の高齢化とともにさらなる増大は避けられないとみられています。

社会的入院は健康保険が利用できるため入院者の家族にとって経済的な負担は比較的小さく、あまり抵抗なく利用されがちであるが、総額としての医療費増額に繋がり、公的健康保険の場合は国の負担も増大します。

不必要な入院が招く社会問題としてベッドが満床になるために救急患者を受け入れられず、影響が救急医療にも波及し、「救急難民」を生み出しているという問題もあります。大阪市のような大都市でさえ社会的入院患者の増加で救急患者を受け入れられない事態が増えています。

こうした事態に対して、傷病の治療は医療機関で、要介護状態の介護は福祉で、という考え方から介護保険制度が施行されました。また、医療機関に対しては入院が長期に及ぶと診療報酬を減額することで長期入院の抑制が図られました。

【想い出に残る還暦祝いを贈ろう】

干支に還る意味から赤いちゃんちゃんこを身につけ、お祝いする事で知られている還暦祝いですが、最近は継続雇用制度や定年延長などでまだまだ現役の年代なので、現代の還暦祝いのイメージは仕事や人生に対して様々な経験や苦労をされてきたことに対しての敬意や感謝をしますます健康で活躍をされることを祈る祝いの印象が強いです。日本には様々な長寿の祝いがあり、数え年でお祝いをされることが多いのですが、還暦祝いは満年齢で行いますので注意が必要で、祝いを行う日は誕生日が最適ですが、無理ならば家族や親族が集まりやすい誕生日の週末が最適です。還暦の色とされているのが赤色となっており、赤い花でアレンジした花束や赤色のマフラーなどが定番とされていますが、現代の60歳はまだまだ現役で健康的な方が多いので、高齢者をイメージさせてしまうプレゼントを嫌がる方もいますので注意が必要です。しかし健康にも人一倍気を使われている世代でもありますので、スポーツサイクルや体脂肪計がついた体重計や歩数計などお祝いの品として支持されています。昔の還暦のイメージから現代の還暦のイメージは大きく変わっていますので、家族や親族としてのお祝いの意味も長寿祝いから日頃の感謝の気持ちを贈る日に変わっていますので、思い出に残るものを贈る方も多く、世界に1つしかないオーダーギフトやサプライズの食事会なども思い出に残りますので還暦祝いで使用されている方も多くいます。